-社会で活躍する人材を育てるために- 大阪府立布施工科高校の取り組み 3)生徒へのインタビュー

2017.08.03

 -社会で活躍する人材を育てるために-

大阪府立布施工科高校の取り組み


3)生徒へのインタビュー



大阪府立布施工科高校さんの、魅力あるキャリア教育の取り組みをお伝えするこの企画。

今回は、生徒へのインタビューを実施させていただいたので、その様子をお伝えします。


インタビューさせていただいたのは、

現在3年生で、昨年度にインターンシップに参加した手塚くんと木許くん。


手塚くんは、自動車のエンジン部品の金型などを製造する会社でインターンシップをしたそうです。



「企業の方の作業の速さや丁寧さにびっくりしました。」

と振り返ります。

製品のやすりがけを体験させてもらったそうですが、その時の企業の方の手際のよさにびっくりしたのだとか。


他にもMCの操作やCADの見学などをさせていただいた4日間のインターンシップ。

一番印象に残ったのが「企業の方のメリハリ」なのだとか。


「実際の現場がとてもメリハリがあって、作業はとても真剣に取り組まれているのですが、休憩室ではとても明るいムードでした。

会社がこんなに楽しそうなところだとは思わなかったです。」

と、働く現場の楽しさにも気づいた様子でした。



電動ドリルやエアーツールを作る会社でインターンシップをした木許くんも、

会社の楽しさを見つめ直すきっかけになったそう。



「部屋に入るたびに大きな声で『失礼します』と挨拶されていて、驚きました。」

と、社会人としての行動を目の当たりにして、感銘を受けた様子でした。

会社の中でのマナーについても、色々と教わったそうです。


他にも、

「会社の方はみなさん優しい方ばかりで、就職に関するアドバイスももらえてとてもいい経験になりました。」

と、実際に働く方とのふれあいの中で、会社のよさに気づけた様子でした。



大学生の就職活動と違い、高校生は就職活動の期間が短く、現場を「知る」機会がなかなかありません。

「企業で働く」ということに対して「しんどい」「堅苦しい」イメージを抱えた生徒も多いようです。

そうした状況の中で、

インターンシップや企業見学など、実際の現場を体験し、実際に働く人を目にすることで、

生徒自身の気づきも多く、「働く」ことへのイメージも膨らませることができます。


今回インタビューをさせてもらって、改めて企業見学やインターンシップの重要性を実感することができました。


インタビュー中、とても丁寧に話をしてくれた手塚くんと木許くん。

インターンシップを経て、少し社会人としての自覚も芽生えてきているのかな、とも感じました。

これからが本当に楽しみなお二人です。


手塚くん、木許くん、ありがとうございました!


ドリカム事業部 インターン生紹介!

2017.08.01

 現在JAEのドリカム事業部でインターンをしている松野恵利香です。

主にドリカムの広報を担当しております。

一昨年に大学を卒業し、今は社会人2年目。
京都で不動産の営業のお仕事をしており、週に1日JAEで活動しています!

大学生の時は、JAEのアントレターン(長期インターンシップ)をしたり、アントレターンのスタッフをしたり、
会いたい人がいる場所、行きたい場所には(時には海外までも・・!)積極的に参加するような毎日を過ごしていました。

ずっと”教育”というテーマに興味がありました。
でも学生時代はそれを仕事として、ビジネスとしてやっていく感覚がどうしても腑に落ちず。。
もっともっと理想を考え続けたい、考えていきながらまずは力をつけようと思い今働いている会社に就職しました。

就職して1年経ち、興味がある分野の方向性が見えてきました。
そしてもっと”やりたいこと”にアンテナを張って、チャレンジしていきたい!と考え、
4月からJAEでインターンをさせていただくことになりました。

教育、人の暮らしから作られる教育環境、家族のあり方や暮らし方といった分野に興味があります。
みんなが身近な人・家族を大切にして、支え合って信頼しあって暮らし
みんなで子どもを育てていけるような"暮らし"や環境を作りたいなあと、思っています。

社会のため、学生のため、子どものため、関わる人のため、そして自分の想いを形にするために、
本気で行動されているJAE皆様といる中で、たくさんの学びと楽しさと、そして悔しさを感じる毎日です。笑

もっともっと自分の夢を明確にして、力をつけて、もっともっとチャレンジしていける自分になろうと思います!

これからもドリカムのあんなことやこんなこと、実践の現場などもどんどん配信していきます!
是非ご覧ください^^
宜しくお願いします!
ページトップへ