• -社会で活躍する人材を育てるために- 大阪府立布施工科高校の取り組み
  • 2017.07.14

     

    JAEでは、昨年度より大阪府と協働して「ものづくり企業魅力発信事業」をスタートさせました。

    大阪府内の工科高校や総合高校の高校生を対象に、

    ものづくりの企業でインターンシップや企業見学を行う事業で、

    これから就職を控える高校生に、ものづくりの良さに気づいてもらい、また生徒の職業観を養うきっかけとしよう、という取り組みです。

    昨年度は春休みに企業見学や2〜3日のインターンシップを行い、15名の生徒が参加しました。

    今年度も夏休みのインターンシップ実施に向けて4月から始動しています。


    学校によって、インターンシップの取り組みは様々ですが、

    大阪府立布施工科高校さんでは夏休みになんと2年生(約270名)全員対象のインターンシップを行なっています。

    インターンシップの他にも生徒たちの就職に向け、学校を挙げて魅力的な取り組みを数多く実施しています。


    JAEでは今年度、その様子について詳しく取材させていただくことにしました。

    その様子を連載企画としてこれからこのブログでご紹介させていただくことで、

    学校や企業の方にとって、より良いインターンシップを進めるための参考になることを願っています。

    ページトップへ