• 長期実践型インターンシップフェア2017夏 開催しました!
  • 2017.06.29

     
     
     
     6月11日(日)に大阪私学会館にて「関西最大級!長期実践型インターンシップフェア2017夏」を開催しました!!
     今回は私たちJAEだけでなく関西で長期実践型インターンシップを企画・運営している団体をNPO法人ならゆうしとKOBEインターンセンターと合同で開催しました。
     
     大阪大学、立命館大学、同志社大学、近畿大学、甲南大学など関西周辺の大学から64名の学生と大阪・京都・兵庫・奈良の企業17社、福井県の企業5社が集まりました。
     

     インターンシップフェアはこのような流れで半日かけて行います。

    ■タイムライン■

     13:00~14:05 オープニング (アイスブレイク/「長期実践型インターンシップとは?」/インターン生×企業トークセッション)
     14:05~14:40 企業プレゼン【前半ターム】
     14:40~15:20 ブーストーク【前半ターム】(20分×2回)
     15:25~15:35 移動・休憩
     15:35~16:00 企業プレゼン【後半ターム】
     16:00~16:55 ブーストーク【後半ターム】(20分×2回) 
     16:55~17:05 移動・休憩
     17:05~18:00 クロージング(経験者トークセッション/振り返りワーク/質疑応答)

     18:00~19:00 写真撮影⇒会場内にて懇親会

     オープニングでは、参加学生同士での自己紹介、長期実践型インターンシップの概要説明、インターン経験者と受入れ企業の社長さんとのトークセッションなどを通じて、参加学生自身が、学生生活で何を目指すのか、そのためにこれからどう行動していくのかについて考える時間になりました。

     そして、企業プレゼンとブーストークに。
    若者と一緒に挑戦したい!という想いを持った経営者や社員さんに、学生と一緒に進めていきたいプロジェクトについて語っていただきました。

     学生にとっては、社会で本気で挑戦している大人の想いやプロジェクトの具体的な内容について知る時間となったとともに、「働くことについての考え方が変わった!」「自分がどのように貢献できるか考える事で自分に自信が持てた。」「新しいことに挑戦してみようと思った。」と自分の想いを深掘りする時間になりました。
    一方で企業の方にとっては、自社のプロジェクトを直接学生に伝える時間、学生が今どんなことを考えているのか、など具体的な話を聞く時間となり、「自分を成長させたい!という想いを持った学生にたくさん出会えてよかった。」という感想がありました。

     その後は、インターン経験者からインターンをする上での事前・事後研修などのサポート体制、インターン生同士の繋がりがとても貴重なものになるなどの経験者トークを聞き、参加者それぞれで今後のアクション宣言を行いました。

     この日1日の出会いを通じて、45名の学生がこれからインターンに向けてコーディネーターと面談を進めて行きます。
    このフェアへの参加で一歩踏み出した学生の、この夏の挑戦が始まります!

    ページトップへ